UVカットメガネの購入方法

まずはメガネ店の店員によく相談してみる

日差しが強い季節になると、紫外線が気になり、UVカットメガネの購入を考える人も多いでしょう。顔のシミ、シワ対策や白内障、緑内障などの目の病気の予防のために、UVカットメガネを使用する人が増えています。UVカットメガネを購入しようと思ったらまずは、メガネ店で専門の店員に相談することをおすすめします。一口にUVカットメガネといっても、レンズの種類が様々あり、価格帯も異なります。自己判断でレンズやフレームを選んでしまうと本当に自分に合ったUVカットメガネを買うことができません。必ず、店員に自分がどういった時に使用するのか、どんなフレームがよいのか、また予算についても相談してみるとよいでしょう。時間をかけてゆっくりと自分にあったUVカットメガネを選ぶようにしましょう。

紫外線カットの数値とレンズの濃さに注目

UVカットメガネを購入する際、特に注目したいのが、「紫外線カットの数値」と「レンズの濃さ」です。メガネを購入するとなると、ついついフレーム選びに注目しがちですが、UVカットの機能の高いメガネを購入したいと思った場合、実用性を重視することが大切です。紫外線カットの数値は、紫外線透過率でわかります。UVカットメガネがどの程度紫外線を透過させるかを表す数字で、値が低いほど、UVカットの性能が高いといえます。また、意外と知られていないのが、レンズの色の濃さは紫外線のカット率とは関係ない、ということです。濃い色のレンズほどUVカットしてくれるわけではないので、UVカット機能がついていない黒色のサングラスなどをすると、瞳孔が開き普段より多くの紫外線を吸収してしまうのでかえって危険とも言えます。その点は注意するようにしましょう。

めがねのフレームにもトレンドがあり、2022年に人気なのは、自分らしさがアピールできるもの。誰かの真似ではなく、近視や老眼の補正といった意味合いだけでもなく、自分に似合わせるアイテムが求められています。